一般にリニューアルをした、と聞いてもあまりいい印象を受けない場合があります。よくあるのは「容器のデザインを変更した!」「商品名を少し変えました」「成分の含有率をちょっとアップしました」と言った程度で、結果として割高にされていることが多いためです。

しかしランブットの場合はちょっと違う印象を受けました。ここではランブットがリニューアルをしてどう変わったのか?ということを成分の話を中心にまとめました。全てがより高い実感力のためのリニューアルだと感じてきます。

 

リニューアルして何が変わった?ランブットの成分の話

もしあなたがどこかで旧式タイプのランブットを見つけて安いから使い始めようか悩んでいるならば、やめてリニューアルタイプを使ったほうが良さそうです。その理由は同じ使い方をしていうるのに期待できる結果が全く違うためです。

明らかな違いの一つ目は全く新しく追加された成分です。

「エンドウタンパク」「卵白ペプチド」「ケラチン」はランブットには全く配合されていなかった髪のハリやコシを実感させてくれる成分です。頭皮の環境を整えて髪が元気になる環境を整えるのではなく、ハリやコシがアップしたことを使ったその場で実感できるようにしてくれました。

またその成分を浸透させる技術として滑らかさをアップさせています。ノニを始め頭皮に塗るタイプの育毛剤は浸透力が低いことが問題点でした。髪の毛の間をすり抜けて頭皮にまで到達をしなくてはならず、なかなか浸透できないのです。

リニューアルをしたランブットは滑らかさをアップしたことで浸透力もアップ!今までの成分も新成分も両方と頭皮の奥まで浸透させてくれます。

さらに内容量を効率的に減らすこともできました。

一般にない容量が減ることはデメリットに感じますが、ランブットの場合は1回の使用量が多かったのでこのリニューアルでやっと一般的な容量になったくらいです(まだ多いと感じるかもしれません)。

容量を減らしてこれまで以上の効果が期待できるということはそれだけ成分を凝縮することができたということです。

 

ノニに含まれる成分は何がある?

最後に今までのランブットの成分についてももう一度確認をしてみましょう。新成分や浸透力が上がっても今までの商品が悪いものだったらダメですよね。そこ点も大丈夫。

ランブットは今まで通り高品質なインドネシアさんのノニを使用しています。ノニの中には140種類を超える成分が配合されており、奇跡のハーブとまで言われる栄養素の塊です。それを直接頭皮に塗ることは現地の人しかできない贅沢な使い方でした。

特に注目すべきはノニの成分はイリドイドです。植物が自己補修をする際に分泌される成分でノニには特に高配合されている成分です。エイジングケアに欠かせない成分で老化した頭皮へ浸透させることで健やかな状態を作ります。

頭皮に対してこうした新しいアプローチをしてくれるのがランブットです。リニューアルをすることでより高い効果が期待できそうですね。